今まで、なんとか英語はクリアしていたけれど、今日は本格的にわからなかったorz

ガス会社の人がやってきた。
IDカードを提示してくれて、ドアを開けたはいいが…。

ガス会社「Hello.○××◎●※△▼××…」

あぁ…Helloしかわからん撃沈

とりあえず、ガス会社=検針(こちらの国は家の中にメーターがある)かなぁと思い、ガスメーター???と聞いてみたら…

ガス会社「NO〜.○×■□◎〜〜〜〜〜〜…」

えぇ…メーター検針じゃないのかぁひやひや

彼も一生懸命、説明してくれるけれど、私、一切わからず…。

困ったときの紙、ペン、電子辞書を出した。

が…

彼はこちらの意図を汲み取ってくれず撃沈

あぁ…もう…ムリ…。

と思ったとき、わかる英語が来た!!

「Your husband When come home?」
あなたのダンナはいつ帰ってくるの??

ガス屋さんもわかっていらっしゃる…。

帰宅時間を言ったら、何か一言残して帰っていった。
この一言が重要なのかもしれないけれど、わからんのじゃ!!(←逆ギレ)

この国のことだから、今日くるかどうかもわからないけれど、とりあえず、ダンナに早く帰ってきて!!の電話をした。

ガス会社の用件はなんだったんだろう…。
まもなく解明するんだろうけど…

こちらへ来て1ヶ月…英語偏差値は相変わらず35のままです困惑

キャスケット次男用その2
ハンドメイドも復活ぴかぴかでございます!

UK第一弾は子供たちのキャスケット。
ひつじキャスケットが大変気に入っている子供たち。
外出のときは、必ずかぶっているので、最近、薄汚れてきて…。

新調しました。

布や副資材は日本からいろいろと持ってきていたけれど、つば用のポリ芯が荷物に入っていなくて…。(入れ忘れ;)

ロンドンに来てから、日本のユザワヤのような店を探したけれど見つからず…。
10年ほど前に手芸屋がロンドン市内から姿を消した…というハナシは本当だったのねー…と思っていたら…。

デパートの一角に少しだけ、洋裁資材を取り扱っているところを偶然見つけてお買い物。

でもね、ポリ芯なんて売ってなく…パタレさんのレシピに載っていた代用品も、こちらでは激高。
日本では100均で売っているというのにorz

店内をぐるぐる見ていたら、バッグの底板にするような超厚手の芯が売っていたので、この厚手芯で代用。

超厚手でも、帽子のつばにするには、ちょっとへたる…。
そこで、つば用の芯を2つ作り、接着シートで接着。

ポリ芯には負けるけれど、立派な代用品ができましたチョキ
なんとかなるもんだね〜。

帽子の生地は、以前長男のパンツを作ったときに余った生地を使用。

あまりで長男、次男と二つもキャスケットができたわvv

アンパンマンのボタンは、以前、東京にいたときにいただいたもの。
もちろん、こちらではこんなボタンはないから…貴重品です(笑)

キャスケットその2

あかちゃんマンのボタンが次男用、しょくパンマンのボタンが長男用です。

あぁ…これでやっとひつじさんがお洗濯できる〜〜〜。

ピカデリー周辺

この画像は、ダブルデッカー(2階建てバス)の2階、先頭席から撮影したものです。
場所はピカデリー周辺。

ダブルデッカーは、観光用というより市民の足です。
今住んでいるロンドン郊外でも2階建てバスは普通に走ってます。
でも、場所柄、シングルデッカー(普通のバス)が多いかなぁ…。

網の目のようにバスが走っているので、とっても便利ですv
でもね、日本のように車内アナウンスは一切ナイので、どこで降りたらよいのか戸惑うこともしばしば…。
やっぱ日本はすごいよ。うん。

今日は、虫のハナシをば…。
苦手な方はスルーしてくださいませ。

ロンドンは、他の大都市とくらべると、殺人などの犯罪は少ない。(テロ未遂はあったけど…)

だけど…

コソ泥が非常に多い

どのくらい多いのか、家のセキュリティを見れば、一目瞭然。

◎窓1つにつき、鍵は3個がアタリマエ(窓開けるの大変;)

◎窓の鍵は日本のような ひっかけ式 は一つもなく、家の中であってもキーが必要(キーの数なんて30個にも上る)

◎玄関は3つ、うち一つはオートロック(家なのに閉め出しアリ)

◎どこの家も必ずセ○ムしてます

まぁ、セ○ムは会社の名前だけど、どの家もセキュリティ会社に登録してあるのだ。
うちもセキュリティに入ってます。てか、家賃にセキュリティ代も含まれている(大家の常識らしい)

このセキュリティがまた…誤作動が多くてねぇ…
よく、ぴーぴー鳴るのだ。

そのたびに、暗証番号入れて、誤報だよん…のスイッチを押して(でないと、ポリスがやってくる)…誤報が多いせいか、ご近所さんもセキュリティが鳴っても知らん顔ってのが多い(セキュリティのイミあるんだろうか…。)

まぁ、このセキュリティマークがあるだけで、コソ泥は泥棒に入るのをやめるそうなので、効果があるといえばあるんだろうけど…。

車も同じように、きちんとセキュリティをしておかないと、大変なことになるんだそう。

日本はここまでセキュリティに対して徹底してない。
やっぱ日本って安全なのね…。

カーテン

今の住まいにカーテンはついていたけど、レースカーテンはついてませんでした。
こちらの方たちは、あまりレースカーテンを使わないみたい…。

うちは、道路沿い(ロンドンの場合、ほとんどが道路沿いだけど…)外から丸見えってのが…気になって、気になって…。

全部屋にレースカーテンをつけるべく、メジャーで計って、いざデパートへ。

日本なら、幅なら1間…高さなら何センチ…ってほぼ決まっているよね。

でもね、この国の場合…

家が古い+家によってまちまちなため、日本のようなカーテンの売り方をしていない!

家によって…というよりは、窓によって、高さも幅も変わる。
現にうちなんて…一つとして同じ大きさの窓はなかったorz

じゃ、デパートのカーテン売り場はどうなっているのかと言うと…

いろいろな高さ設定のカーテンが、洋服地と同じように並んでいる!!

最初、生地屋??と思ったもん(笑)

生地屋と違うのは、裾とカーテンレール部分がきちんと始末されているところ。

このカーテン生地を幅に合わせてカットしてもらい、端の始末は…


自分でする(爆)


もちろん、デパートでもやってくれるけど…

いつ出来上がるのか検討もつかない…といわれた。

なら、ここは私の腕の見せ所、カーテンなんて直線だもの、ミシンでだーーーーーーっと。

だーーーーーーっと…



ミシンまだ届いてないじゃんorz

でもミシンが届くまで、待つなんてできない…。
だって家の中が外から丸見えなんだよ〜。

なら…と一大決心。

全部、手縫い、まつりぬいで始末しました!!

しかも一晩で仕上げた(ふんっv)
人間、やるときゃやるのだ(なんか違…)

画像のカーテンは汗と涙と努力の賜物です;;
(おおげさ;)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

LINE@

友だち追加

Twitter

お問い合わせ

カツドウお申し込みフォーム

Yuina Knits ホームページリンク

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM